歯科医師を目指す

歯科医師を目指すなら

歯科医師を目指す為の大学

不安定な世の中、安定した収入や、職業に就きたいと願う方が沢山存在していることでしょう。そんな中、ステイタスを求め医師に憧れる方も多いのではないでしょうか。獣医師、医師、薬剤師、歯科医師と多種にわたり職業がありますが歯科医師を目指すには何年間大学に通えばよいのでしょうか。助手や衛生士、技工士と多岐に分岐され、専門学科2年、4年制と短い時間で修得できる職業形体もありますが、まったく医師とは違います。そこで例外なく、医師を目指すには6年間大学に通う必用性があります。目指す方はその事を念頭に是非、検討してみて下さい。

歯科大学の学科が増えています

歯科大学は歯学に関する研究や教育を行い歯医者を養成するための課程としても歯に関することしかないところです。昔は歯医者になる人だけのものでしたが、近年衛生士や技工士等になることを学ぶ学課も増えてきました。日本の普通の学校は4年生ですが、医学部と同じように歯科大学は最低でも6年就業する必要があります。卒業生は「学士(歯学)」の学位しかえられませんが、博士課程に入学できる等修士に準じた扱いを受けることができます。歯医者はその専門学校を卒業しても、普通の医師とは違うので医師国家試験の受験資格を得ることはできません。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科大学の偏差値の変化について All rights reserved