歯科大学の学費とは

歯科大学の学費の事を知る

歯科大学の学費の基礎知識

歯科大学の学費は、国立と私立では大きな差があります。国立では入学してから卒業まで約600万円、私立では約3000万円かかり、学生や父兄の負担は大きくなります。大学によって入学金、授業料、施設設備費、教育充実費、実験実習費も違いがあります。受験を決めたら歯学部の学費について調べておくことが大切です。歯科医師を目指して勉学に安心して取り組める環境を整えておくことです。受験勉強にも一層の張り合いがでます。受験生と父兄が目標に向かって取り組むためにも、受験する学校を早くから決めて、金銭感覚を養うようにします。

かかりつけの歯科医院で紹介を

一般的な治療であれば通常のかかりつけ歯科医院で問題ありませんが、困難を伴う治療を行う必用があると判断された場合には、大学病院を紹介されるという例もあります。代表的なのが、通称「親知らず」と呼ばれる第三大臼歯の治療です。生え方によっては比較的容易に抜歯することも可能なので、通い慣れた歯科医院での治療も可能なのですが、埋没し横向きに生えてきていたり、顎の骨に癒着している部分があったりする場合は、口腔外科で全身麻酔を施した上での手術が必要となるケースもあります。まずは十分に相談の上、治療方針を決めていきましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科大学の偏差値の変化について All rights reserved