歯科大学病院に行く

歯科大学病院で治療する

歯科大学病院で治療するメリット

街の歯医者と歯科大学病院、違いは何でしょうか。大きな違いはやはり規模の大きさです。一般的な歯を削ったりの治療だけではなく施設も充実しているため心療外来など心理的な面からサポートしてくれたり矯正分野も全身麻酔が必要な治療まで様々な分野の治療が同じ敷地の中で行うことがあります。大学も併設されていて養成も熱心な為質の良い治療を受けることができます。勿論医師との関係が良い昔から慣れ親しんだ歯医者が良いというケースもあります。それに全国にはコンビニの数ほどの歯医者があると言われ選択肢が幅広いので自分に合った歯科治療を受けることができますね。

歯科医師になるために入る大学

歯科医師が過剰になっていると言われている時代ですが、その仕事を志している人も中にはいるものです。歯医者になるためには大学の歯学部に入学する必要があります。歯学部があるところとしては、国公立や私立などでいろいろあるのですが、いずれにしても6年制になります。国公立ではセンター試験も受験して二次試験もあるのですが、私立では3科目程度に絞って勉強をしやすくなっています。国公立では東京医科歯科大や北大、東北大などが有名ですが、私立では東歯や日大、日歯、昭和などが知られています。大学で学び、その後に国家試験に合格する必要があるのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科大学の偏差値の変化について All rights reserved